D1アカデミーブログ

2019/08/19 D1アカデミー定例会

2019/08/19 D1アカデミー定例会
デロリアンをつくった男 岩元美智彦氏 登壇

「捨てない未来」で日本を「資源大国」に!
創業わずか12年、リサイクル分野でイノベーションを起こし、海外からも注目を浴びる
<技術>と<ビジネスモデル>と<ブランディング>

■ D1定例会 2019年8月 概要

  • 特別講師:岩元 美智彦(いわもと みちひこ)
  • 日本環境設計株式会社 取締役会長
  • 特別プレゼンター:澤木 祐子(さわき ゆうこ)
  • 一般社団法人国際スタイリングカウンセラー協会 代表理事
  • 日時:2019年8月19日(月)
  • 会場:六本木アカデミーヒルズ
  • 主催:一般社団法人D1アカデミー

定例会レポート

2019年8月の定例会は、永続的にリサイクル出来るゴミ処理法を開発され、

みんなが参加出来る資源循環型社会を構築して、世界平和を目指す岩元 美智彦氏のご登壇!

そこからノーベル平和賞受賞者を4人も輩出しているアショカ・フェローにも選出された岩元氏。

きっと岩元氏も、ノーベル平和賞に選ばれる日が来るのではないかと本気で思える素晴らしい内容の講演でした。

今回は、岩元氏をご紹介くださった一般社団法人国際スタイリングカウンセラー協会 代表理事の澤木 祐子氏にもご登壇いただきました。

クローゼットカウンセリングを依頼するクライアントの最大の悩みは、どの人にも、着ていない服が50%もあるということ!

そしてファッション業界の最大の社会問題も、50%の大量廃棄処分。

その接点で、リサイクルTシャツを知り、岩元氏との出会いへと繋がったと!

やはり、誰に繋がり、出会い、その関係を継続発展させていくかが、豊かな人生への鍵でお宝。

澤木氏のお話も、大変聴きやすく、わかりやすく、素晴らしかったです。

残念なのは、国連や世界のトップ企業200社以上が、岩元氏の素晴らしい提唱に賛同、参画して、

各国の新聞でも大きく取り上げられているのに、日本政府や日本企業の動きは鈍い!

岩元氏の会社こそ、日本経済を活性化させてくれる救世主になるかもしれないのに。

岩元氏は、それなら、反応の速い世界から攻めると国連と連携して、地球環境と世界平和のイベントも開催されるそうです。

携帯電話をリサイクルして、東京オリンピック、パラリンピックのメダルも岩元氏の会社で作ることが決定しているとのこと。2024年のパリオリンピックでも、2028年のロサンゼルスオリンピックでも、岩元氏の会社で再生された素材のメダルの採用が決定したとのこと、本当に、凄いです。

「永久的にリサイクル」とは、例えば、お気に入りのTシャツをリサイクル処理で小ビンに入るほどの量の粉末にして持っておくと、また、それで違うデザインの新しいTシャツが作れるということ。

エンドレスに再生出来る母から娘へのウエディングドレスの継承も、粉末保存で可能になるその品物が大昔、誰が使っていたもので何回めのリサイクルかも、タグで表示出来るので、新しいブランド概念や価値観も誕生すると思う!

ほとんどの世界戦争の原因である地下資源をめぐる争いも無くなる!

まさに、

経済に良し、

環境に良し、

平和に良し

それには、みんなにわかりやすく広めて、参加型の仕組みを構築する必要がある!

岩元氏曰く、「『正しいことを楽しいことに変える』ことで、みんなが参加してくれるようになる!」と。

そしてまさに、わくわく・ドキドキする みんな参加型の持続可能な循環型社会になるのです。

資本金たった120万から始めた会社が、ハリウッドを巻き込み、マスコミ80社と沢山のバックトゥーザ・フューチャーファンを集めて、お台場でデロリアンをセンセーショナルに走らせた岩元氏。

現在では、未上場なのに、資本金30億弱。世界から集まってくる資金は、何百兆単位。

一気に東証一部に上場するのでは? 次はゴミ燃料で飛行機を飛ばす予定。

出来れば「トップガン」のトム・クルーズに乗ってもらいたいとハリウッドにオファー中だとか。

常に、最高に効果的で夢のあるプレゼンを考えつくのが凄い!

みんなを巻き込み、子供達にも夢を与えながらの素晴らしいロジックで、

笑顔を絶やさず饒舌にお話になる岩元氏のプレゼン力には、脱帽、感服

わたくしも今、お国を巻き込みたいプロジェクトがあるので、終了後のお食事会では、岩元氏を質問攻めにしてしまいました。

とても参考になる素晴らしいお話が聞けて感謝感激です。今日から、正しいことを楽しいことに変えて、夢に向かって突き進んでいきます。岩元さん、澤木さん、本当にありがとうございました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP